長距離カーフェリーにPOSシステムを導入する

長距離カーフェリーを保有している会社は、POSシステムを取り入れて情報収集や分析をして経営に活用することができます。

窓口において販売したチケットの種類を調べることによって、どの客室が最も多く売れたのかを知ることが可能です。それゆえ、集めて分析した情報をもとにして新しい客室のプランを考えたりすることができるようになります。また、それぞれの営業所においても導入することによってその場所での販売について知ることもできます。そして、他にPOSシステムを取り入れることができる場所にカーフェリーの船内を挙げることが可能です。船内にはレストランや売店が存在しており、そこではお金を支払うことによっ飲食をしたり土産を買えます。

このとき、どのような食事が好まれているということやどんな特産品が売れたのかがわかります。このようにすることによって、船内で提供する食事のメニューの新しい提案も行えるようになります。また、売店においてはよく売れる土産物を置いて売上が増えるようにするということも可能です。

その他にも、カーフェリーが航行するしている時間帯の中での販売情報も得られるようになってきます。すなわち、朝昼夜の中でそれぞれどのような飲食や商品が人々に求められているのかということもわかります。よって、長距離カーフェリーにあるレストランや売店にPOSシステムを採用することで情報の獲得ができます。そして、得た情報を使ってフェリーにおいて求められているニーズを知るということも可能です。

 

作成者: CNJkEnjq